So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

狛ねずみ [市役所前近況]

来年の干支はねずみです。
今年はいのしし神社で有名な護王神社にお正月には長蛇の列が出来ていましたが、来年はきっと大豊(おおとよ)神社ですね。
哲学の道の南端近く、ゆるやかな坂を少し登っていったところにある神社です。
大豊神社の末社大国社は全国的にも珍しい狛犬ならぬ狛ねずみが有名だそうです。 
大国社には大国主命がお祭りされていて、大国社の狛ねずみは大国主命を助けたというねずみの伝説がその起源になっています。
 左側の吽形狛鼠が抱えているものは水玉でこれは長寿を表しています。 
右側の阿形狛鼠が抱え持っているものは学問を意味する巻物です。 
年賀状の写真にもピッタリです!
ぜひ混み合う前にお参りしてください。

nice!(0) 

デジタルツイン [注目ワード]

デジタルツインというのは、主に産業界で最近使われている言葉です。大規模な工場や複雑な生産ラインをそっくりコンピューターの中に再現して、現実には影響が大きすぎてできない、いろんな動かし方をして、事故や故障を未然に防いだりする手法だそうです。
それを人にも利用しようという計画があります。
コンピューターのAI・人口知能の中に、自分のコピーを作っておき、歳をとって一人暮らしになったらそのAIが自分の話し相手になったり、また、体が弱った時は自分の代わりに必要な情報を周りに伝えるというイメージです。
人生100年時代、老後は自分のコピーに支えられる日がくるのかもしれません。



nice!(0) 

量子コンピューター [注目ワード]

10月23日米Googleが、量子コンピュータの計算能力が、従来型のコンピュータを上回ることを示す「量子超越性」(Quantum Supremacy)を実証したと発表しました。
「量子ビット」(qubit)と呼ばれる情報単位を用いるこのコンピュータが、従来のコンピュータでは現実的な時間で計算しきれない問題を短時間で解けるようになると理論的には示されていましたが、これまで量子超越性が実証された例はなかったそうです。
それをGoogleが、独自に開発した量子プロセッサで、特定の問題では計算能力が高いことを実証したとしています。
IBMも同様の開発を手がけており、今回のGoogleの発表には反論を出していますが、量子コンピュータが実用化されれば刻一刻と変わる渋滞予想や、個人の体調に合わせた健康管理も可能になると言われています。
反面、パスワードや通信の暗号化などの現在のセキュリティも一瞬で破られるおそれもあります。
「量子コンピューターを日常的な計算業務に使うには、まだ何年も継続的に、大規模な研究開発への投資が必要になるだろう。」と言われていますが、実用化される頃にはパスワードなんて死語になるかもしれませんね。


nice!(0) 

プリンターの準備 [パソコン]

11月に入り、年賀状が気になる時期になりました。
そこで年賀状印刷に必須のプリンターをチェックしておきましょう。
インクは時間がたつと水分が蒸発し固まってしましいます。プリンターのインクが詰まったときまずすべきことは、プリンターの機能として内蔵されている「プリントヘッドのクリーニング」です。それでも調子が悪い時は修理よりも購入に踏み切った方が良いでしょう。 
キヤノンやエプソン、ブラザーなどのメーカーから、さまざまなモデルが登場していますが、 近年のプリンターはコピーやスキャンなど、さまざまな機能が備わったものが主流になっています。 
エプソンが発売したエコタンク方式は大容量タンクが付いたインクジェットプリンターです。カートリッジ方式のようなカートリッジ交換を必要とせず、インクが無くなった場合はタンクにインクを流し込む方式です。本体価格は少し高めですが、カートリッジタイプよりもインク代は抑えられますので、印刷量の多い方にはいいです。




nice!(0) 

キャッシュレス決済 [スマートフォン・タブレット]

消費税も10%になり、5%・2%還元マークを付けているお店も多く見かけるようになってきました。
還元は6月末には終わってしまいますので、その後定着するかどうかは疑問ですが、今までは現金派だった方もキャッシュレス決済を始めだしています。
どの決済方法を使うかは、個人個人の生活に応じて選ばないと結局活用せずに終わっちゃいます。
クレジットカードは出来る限り使いたくないし、スマホも使わない、という方はICOKAなど交通系のカードがいいですね。券売機で現金を入れて使えます。
ご自身の銀行のデビッドカードもいいです。
スマホをお持ちの方は、まずは自分の契約している通信会社のペイを利用しましょう。通信会社には契約時にすでに個人情報も銀行口座やカード番号が登録されていますので、簡単に始められます。(docomo→ d払い、 
au→ auペイ、 softbank → PAYPAY)
良く利用している店で通信会社のペイが使えない場合やもっとお店のサービスを得るなら、それぞれのお店の決済を利用しましょう。(各サービスにクレジットカード又は銀行口座の登録が必要です)
イオン・ダイエー→ waon セブン系→ nanaco 
楽天→RPay などです。
ネット利用者には、ラインペイ や メルペイ が親しみやすいかもしれません。
Pay払いは、アプリのQR/バーコード画面を店員さんに読み取ってもらうか、自分で掲示してあるQRコードを読み取って金額を入力して決済します。
スマホで非接触型として使うには、スマホアプリのWallet(iD、ApplePay、お財布携帯など)に支払方法の登録が必要です。


nice!(0) 

紅葉の季節 [ご挨拶]

今年は10月になっても比較的暑い日が続いていましたが、11月になってやっと秋らしい季節になりました。
御池通りも紅葉が少しづつ進んでいるようです。
京都は寺院や神社など紅葉の名所が多く、秋の特別拝観や、夜間のライトアップが行われています。
紅葉の名所があまり多すぎてどこに行けば良いか迷われている方もいるのでは?
1年で一番良い季節、ぜひ教室にも足を運んで下さい。


nice!(0) 

駅名変更! [市役所前近況]

京都・大阪・兵庫の三府県の私鉄やモノレールの計10の駅名が10月1日に一斉に変更されます。広く知られている地名や、最寄りの大学名などを冠し、観光客や関西以外の人にもわかりやすくする狙いだそうです。
阪急電車では[河原町駅」を「京都河原町駅」に変更されますが、同日からの運賃表やシステム更新のタイミングに合わせると看板などに係る経費が5億円押さえられるとのことです。
京阪電車では「八幡前駅」が「石清水八幡宮駅」に、「深草駅」が「龍谷大前深草駅」となります。
京阪鋼索線(男山ケーブル)の「八幡市」が「ケーブル八幡前口」に、「男山山上」が「ケーブル八幡宮山上」になります。
大阪では、阪急・阪神とも「梅田駅」が「大阪梅田駅」に変わり、これまで観光客がJR大阪駅と接続されていないのか錯覚するといった声に応えています。


nice!(0) 

ドラクエウォーク [注目ワード]

9月12日に配信された「ドラゴンクエストウォーク」というスマホゲームをご存知ですか?
1週間で500万ダウンロードされて、世界で10億以上ダウンロードされた「ポケモンGO」を超えると話題になっています。
「ドラゴンクエスト」とは1986年ファミコン用に発売されたゲームで、30年以上経過していますが今もファンが世界中に存在しておりゲームシリーズ累計出荷及びダウンロード本数は7800万本以上と言われています。今回のゲームは、名前の通りプレーヤーが自ら主人公となり実際に町などを歩きながら冒険を進めていく方式で、芸人さん達がこのゲームのために毎日長時間ウォーキングをしているということです。
配信元のスクエアエニックスの株価も上がっているようです。



nice!(0) 

キャッシュレス決済 [注目ワード]

MMD研究所が8月に行った「スマートフォン決済に関する実態調査」によると、普段の支払い方法は、90.5%が「現金」だそうです。次いで「クレジットカード」「カード型の交通系電子マネー」で、スマホ決済の利用は16.4%という結果でした。

また、スマホにインストールされている決済サービス上位10社について利用状況を調べたところ、全体の約半数がアプリをインストールしたものの、利用にいたっていない事が分かったそうです。

いくら便利だと言われても、スマホでの操作に慣れていなかったりクレジットカードとの連携に不安をもつ方も多いのかもしれません。

ぶれすにも、携帯会社の特典を受け取るためやお店のサービスのために、新たにアプリをインストール・会員登録の際に来られる方が増えています。

ネット上の手続きを始めるには抵抗があるかもしれませんが、実際に使い始めると確かに便利でお得なので、ぜひ始めてみませんか。




nice!(0) 

スマートディスプレイ [スマートフォン・タブレット]

少し前にはスマートスピーカーが話題となって、実際にお使いの方もいらっしゃるようですが、最近はスマートディスプレイなる商品が発売されています。
Googleの「GoogleHome」やAmazonの「AmazonEcho」の進化形で、Googleからは「Google Nest Hub」 Amazonからは「Amazon Echo show 5」 があります。
スマートスピーカでは音声のみの返答ですが、ディスプレイでは画像付きで返ってくるので、例えば天気を聞いてみると画面には時間ごとの気温などの詳細な情報が表示されます。アラームやタイマーは、目で見て設定時間を確認できるほうがやはり安心感があります。簡単な操作で得られる情報はスマホ・タブレット並みです。
このスマートディスプレイを使ってビデオ通話もできます。顔を見ての会話はiPhoneならFaceTime、Andoroidなら通話のビデオコールがありますが、スマートディスプレイでは手が離せない場面でも声で操作でき、 見やすい角度で置いておくことができるのでより便利に使えそうです。
LINEのスマートスピーカ「ClovaDesk」もLINEのビデオ通話を音声操作で利用できます。


nice!(0) 
前の10件 | -