So-net無料ブログ作成
注目ワード ブログトップ
前の10件 | -

デジタルツイン [注目ワード]

デジタルツインというのは、主に産業界で最近使われている言葉です。大規模な工場や複雑な生産ラインをそっくりコンピューターの中に再現して、現実には影響が大きすぎてできない、いろんな動かし方をして、事故や故障を未然に防いだりする手法だそうです。
それを人にも利用しようという計画があります。
コンピューターのAI・人口知能の中に、自分のコピーを作っておき、歳をとって一人暮らしになったらそのAIが自分の話し相手になったり、また、体が弱った時は自分の代わりに必要な情報を周りに伝えるというイメージです。
人生100年時代、老後は自分のコピーに支えられる日がくるのかもしれません。



nice!(0) 

量子コンピューター [注目ワード]

10月23日米Googleが、量子コンピュータの計算能力が、従来型のコンピュータを上回ることを示す「量子超越性」(Quantum Supremacy)を実証したと発表しました。
「量子ビット」(qubit)と呼ばれる情報単位を用いるこのコンピュータが、従来のコンピュータでは現実的な時間で計算しきれない問題を短時間で解けるようになると理論的には示されていましたが、これまで量子超越性が実証された例はなかったそうです。
それをGoogleが、独自に開発した量子プロセッサで、特定の問題では計算能力が高いことを実証したとしています。
IBMも同様の開発を手がけており、今回のGoogleの発表には反論を出していますが、量子コンピュータが実用化されれば刻一刻と変わる渋滞予想や、個人の体調に合わせた健康管理も可能になると言われています。
反面、パスワードや通信の暗号化などの現在のセキュリティも一瞬で破られるおそれもあります。
「量子コンピューターを日常的な計算業務に使うには、まだ何年も継続的に、大規模な研究開発への投資が必要になるだろう。」と言われていますが、実用化される頃にはパスワードなんて死語になるかもしれませんね。


nice!(0) 

ドラクエウォーク [注目ワード]

9月12日に配信された「ドラゴンクエストウォーク」というスマホゲームをご存知ですか?
1週間で500万ダウンロードされて、世界で10億以上ダウンロードされた「ポケモンGO」を超えると話題になっています。
「ドラゴンクエスト」とは1986年ファミコン用に発売されたゲームで、30年以上経過していますが今もファンが世界中に存在しておりゲームシリーズ累計出荷及びダウンロード本数は7800万本以上と言われています。今回のゲームは、名前の通りプレーヤーが自ら主人公となり実際に町などを歩きながら冒険を進めていく方式で、芸人さん達がこのゲームのために毎日長時間ウォーキングをしているということです。
配信元のスクエアエニックスの株価も上がっているようです。



nice!(0) 

キャッシュレス決済 [注目ワード]

MMD研究所が8月に行った「スマートフォン決済に関する実態調査」によると、普段の支払い方法は、90.5%が「現金」だそうです。次いで「クレジットカード」「カード型の交通系電子マネー」で、スマホ決済の利用は16.4%という結果でした。

また、スマホにインストールされている決済サービス上位10社について利用状況を調べたところ、全体の約半数がアプリをインストールしたものの、利用にいたっていない事が分かったそうです。

いくら便利だと言われても、スマホでの操作に慣れていなかったりクレジットカードとの連携に不安をもつ方も多いのかもしれません。

ぶれすにも、携帯会社の特典を受け取るためやお店のサービスのために、新たにアプリをインストール・会員登録の際に来られる方が増えています。

ネット上の手続きを始めるには抵抗があるかもしれませんが、実際に使い始めると確かに便利でお得なので、ぜひ始めてみませんか。




nice!(0) 

携帯電話の解約手数料 [注目ワード]

総務省が「携帯電話の2年契約を途中解約した時の違約金の上限を1000円とする」方針を6月に決めました。
携帯大手3社の現在の違約金9500円と比較すると大幅な値引きとなり、また端末代の値引きも上限を2万円とする方針で10月1日から実施されます。
KDDI(au)は、9月13日から新プラン月額5800円(データ容量無制限・Netflix見放題)の加入者は違約金を1000円としました。
NTT(docomo)でも、新プラン加入で違約金1000円にするプランと、NTTドコモのクレジットカードで携帯料金を支払っていれば違約金0円のプランを発表しました。
Softbankは、9月13日からの新プランの契約者は、2年契約を条件とする「2年縛り」を廃止し違約金は0円としました。現在の利用者も新プランへ変更可能です。
楽天モバイルの携帯電話事業参入に備えて、大手3社も変化しているようです

nice!(0) 

危険運転動画 [注目ワード]

8月は世間ではあおり運転のニュースがたくさんありました。
不幸にも事故につながってしまったものや事件になっているもありますが、スマホやドライブレコーダの普及により、迷惑行為を受けた被害者が自ら動画を公表する人が増えてきました。
TwitterなどのSNSに動画を投稿し、「危険運転・違反運転・あおり運転・迷惑運転」などの#(ハッシュタグ)を付けて、多くの人に知ってもらったり、注意喚起を促すケースがあります。
あおり運転をはじめ、信号無視や無断駐車など車やバイクの迷惑行為をデータベース化したサイト「Number Data」というものも注目されています。
このサイトはスタッフによる確認後にサイト内に反映される仕組みなので、投稿内容が明らかないたずらであったり、不自然な点がある場合、特定の相手に対しての執拗な投稿などは掲載されないとしています。
ネットへの動画投稿は、抑止や注意喚起につながる反面、プライバシーへの不安があり、難しいところですね。
警視庁のホームページでは、「もし危険な運転に合ったら、まず安全な場所に止めてすぐに警察に通報する」よう促しています。


nice!(0) 

タクシー配車アプリ [注目ワード]

7月に京都でも配車アプリMOV(モブ)が参入して話題になりました。MOVはDeNAが運営する配車アプリで、既に京都ではUber(ウーバー)やDiDi(ディディ)などが参入していて、戦国状態です。
配車アプリはタクシーを簡単に呼べるアプリです。
なかなかタクシーが通らない道でタクシーに乗りたいという場合に便利なのです。
タクシー配車アプリの仕組みは、アプリがGPS機能を使って依頼者の現在地を確認し、その場所の近くにいるタクシーが来てくれるというサービスです。
GPSのおかげで、タクシー会社側は乗客の場所と行先がわかり、電話も待機場所の説明も不要でとても簡単です。
配車アプリを利用したいと考えている方はどのアプリが良いのか迷うところですね。
まず、重要なのは自分が住んでいる地域に対応しているかどうかですが、京都市内にお住いの方は大体利用できますので心配はいりません。
また、料金の支払い方法も色々あるようで、現金払いができずに、カード決済など特定の決済方法でないと支払いができないという事もあるので注意しましょう。
初回は割引サービスもあるので、タクシーを利用する方は事前にアプリを入れておくと便利です。


nice!(0) 

5G [注目ワード]

最近よく聞く5Gとはどういことでしょう?
「5th generation」、つまり「第5世代移動通信」システムのことで、1G、2G、3G、4Gに続く無線通信システムとなります。
4Gに比べて数十倍~百倍くらい早い超高速通信システムです!これで4Kや8Kなどの超高画質な動画なども待ち時間なく、どんどん見ることができます!でもそれだけではありません。超低遅延と安定性の高さにより、自動運転の精度が飛躍的に向上し夢の自動運転に一歩近づきそうです。また遠隔治療や遠隔手術などの実現化に大きな役割を担うとされています。
さらに同時に接続可能な端末の数が約百倍になると言われています。なので災害やイベント会場など人がアクセスが集中することで起こる回線の遅れもありません。
今これほどまでに5Gの整備が急がれている理由は「IoT」を実現をするためだそうです。今までネットにつながってこなかった「モノ」、パソコンやスマホ、タブレット以外のあらゆる「モノ」もネットにつなげようという計画です。家具や家電、ペットまでもがインターネットにつながる時代がやってくるようです。


nice!(0) 

混沌の継続というPC [注目ワード]

Windows XP SP3搭載のノートPCが米国のオークションで120万ドル、約1億3000万円もの価格で落札されました。ノートPCとしては異常な高値ですが、このPCが何か特別なものなのでしょうか?実はこのノートPCは「The Persistence Of Chaos(混沌の継続)」と名付けられ、過去に大きな被害をもたらしたマルウェア6種類がプリインストールされています。
つまり歴史的なマルウェアがいまなお動作する、いわば「生ける標本」として、高い価値があると判断されたそうです。もちろんマルウェアがいまだ動作していることから外部機器と接続するためのポート類はすべて無効化されています。また、運用目的でマルウェアを販売すると罪に問われることから、ノートPCとしてではなく芸術作品として出品されています。
ちなみにインストールされているマルウェアは次の6つです。ILOVEYOU・MyDoom・SoBig・WannaCry・DarkTequila・BlackEnergy——どれも世界に大きな被害をもたらしたマルウェアです。


nice!(0) 

めざせYou Tuber? [注目ワード]

たびたび話題となっていますが、今の小学生が将来なりたい職業の第2位はYou Tuberだそうです。これは日本に限った事ではなく、お隣、韓国でも5位にランクインしているそうです。世界的にYou Tuberは人気の職業なんですね。
最近では、「少年革命家 ゆたぼん」なる10歳の小学生が話題ですが、小学校を不登校だという事もあり物議をかもしています。
小学生の間で圧倒的人気を誇るHIKAKINさんは最近はテレビ番組で見かけることも多いですね。
HIKAKINさんの年収は数億と言われています。ですが彼のようにものすごく高収入のYouTuberはごくごく少数です。You Tuberの収益化条件としてチャンネル登録者数1000人以上、公開動画の総再生時間が過去12か月で4000時間以上という条件が最近加わりました。
また、たとえ条件を満たしていても1再生当たりの収益は0.05~0.1円程度だそうです。つまり月収20万円得ようとすると1か月に200万再生してもらわないといけない計算になります。なかなかの厳しさです。しかも再生回数を稼げるジャンルはやりつくされてしまっており、かなりの工夫が必要なようです。HIKAKINさんは7分ほどの動画編集に6時間かけているそうです。一見楽をして楽しい事をしながら稼いでいるように見えますが、やはり現実は厳しいようです。
企画力や編集などのセンスがいりますし、何よりもめげずに投稿し続ける根性が必要なようですね。


nice!(0) 
前の10件 | - 注目ワード ブログトップ