SSブログ
市役所前近況 ブログトップ
前の10件 | -

ご近所の家電量販店 [市役所前近況]

ぶれすでは会員さんに「近くにある家電量販店は?」と聞かれた際に「寺町通りにエディオンさんがありますね」と答えていました。
ところが2月28日をもってエディオン京都寺町店は閉店してしまいました。
不便になるなぁと思いきや、2021年春「京都河原町ガーデン」に「エディオン京都四条河原町店」がオープンするそうです。
「京都河原町ガーデン」は四条河原町交差点の南東に誕生する商業施設です。
そう、2020年5月に閉店した京都マルイ跡地です。
現在は7・8階のフードホールが継続して営業されているだけですが、春にはエディオンやその他のテナントとともにオープンされるようです。
他のお店の情報はまだ発表されていませんが、とりあえず開店セール情報が待ち遠しいです。

nice!(0) 

ストリートピアノ [市役所前近況]

数年前から駅や公共施設にストリートピアノが置かれ、多くの人が弾いたり聞いたりしているという話題をちょくちょく耳にしていましたが、ゼスト御池にも2020年12月から置かれているのをご存知でしょうか。
河原町広場の東南角近くに置かれたヤマハ製のアップライトピアノは、誰でも弾くことが出来小さな子供、学生さんの集団、年配の方などが演奏されているのを実際に目にしました。
名曲に限らず懐かしい曲や楽しい曲など様々で、これも自由でいいですね。(この前は学生さんがラジオ体操を弾かれていました!
演奏されている動画が、YouTubeやSNSでも上がっています。
知っている人が演奏しているかも!?です。


nice!(0) 

ゼストの市役所コーナー [市役所前近況]

京都市の発表によると、住民票や印鑑証明書などの発行を行っている市役所証明書発行コーナーに地下鉄四条駅証明書発行コーナーを統合し「ゼスト御池地下街」でリニューアルオープンするそうです!
証明書発行業務に加えて,新たにマイナンバーカードの申請受付及び交付業務も行われるそうです。
四条駅の方を利用していた方には不便になりますが、7月の郵便局オープンに続き、ゼスト御池地下街がどんどん便利になります。
新しい市役所コーナー開所は以下の通りです。
土日もしているのが助かります。
開所日:令和3年3月1日(月曜)から
平  日:午前9時~午後7時
土  日:午前9時~午後5時 


nice!(0) 

京都観光快適度マップ [市役所前近況]

京都観光オフィシャルサイト「京都観光Navi」は昨年9月から「観光快適度」の予測結果を公開してきましたが、11月19日より表示エリア・表示期間の拡大など機能がさらに充実した「京都観光快適度マップ」としてリニューアルされました。
表示エリアが3か所から7か所に増え、期間も通年になりました。
位置情報ビッグデータ分析ツールの情報をもとに,天気や曜日などの条件を考慮し、Facebook社が開発した予測手法を活用して予測しています。
また、時間帯別観光快適度予測の表示スポットについてリアルタイムの状況を確認しながら混雑する時間を避けて観光できるよう、ライブカメラの映像の配信もスタートするそうです。
本来は観光地の混雑緩和のためのサイトですが、コロナ下でも3密を避ける為に役立ちそうなサイトですね。  https://ja.kyoto.travel/comfort/


nice!(0) 

河原町御池の新ビル [市役所前近況]

河原町御池の南東角に11月2日、京都信用金庫の新ビル「QUESTION」がオープンしました。
銀行の新河原町支店は6階に入り、1階はATMと全自動貸金庫だけです。
建物全体はレンタルスペースで、1階のチャレンジスペースでは様々な事業者が1週間からの短期間で出店をすることができます。
2階と3階はコワーキングスペースがあり、事務所を構えていない創業初期の起業家の方、フリーランス、自宅にリモートワークの環境がない方などが利用できます。
他の階には「コミュニティステップス」「セミナールーム」「会議室」「コミュニティキッチン」など他には見ない施設も入っています。
会員制なのでだれでも自由に利用とはいきませんが、イベントなども開催されるようですので、ATM利用ついでにちょっと覗いてみたくなる建物です。


nice!(0) 

秋のお祭り [市役所前近況]


秋の京都のお祭りは時代祭は中止になりましたが、以前と比べて“中止”は減っているような気がします。現時点で中止が決まっている主なお祭りは次の通りです。


講員大祭(伏見稲荷大社)  10月10日(土)~11日(日)

春日祭(西院春日神社)  10月10日(土)~11日(日)

壬生狂言(壬生寺)  10月10日(土)~12日(月)*法要のみ

清水焼の郷まつり(清水焼団地)  10月16日(金)~18日(日)

船岡大祭(建勲神社)  10月19日(月)*関係者のみで斎行

鞍馬の火祭(鞍馬寺)  10月22日(木)


上に記したものは全てのお祭りを網羅しているわけではありません。また神社などの観月祭は中止が多いようです。現時点ではまだ未確定の場合もあります。この他にも様々な秋のイベントがありますのでお出かけの時は調べてから行ってくださいね。

本来であれば観光シーズンで賑やかな時期ですが今年は我慢ですね。来年は通常通りのお祭りができるといいですね。



nice!(0) 

Go to Travelキャンペーンの効果 [市役所前近況]

新型コロナの感染予防のため色々なことが制限されて既に半年近くになりますが、
ようやくイベントなどが復活してきたようです。
2012年より毎年開催されている「京都国際マンガ・アニメフェア」は今月19日・20日に予定通り開催されます。
予定通りとはいえ、昨年まではなかった入場前の検温やマスク着用などの規制はありますが、主催者も参加者も気を付けながら開催できるのは嬉しい事ですね。
また、口コミサイトを覗くと自社仏閣などの観光地やレストランの投稿も増えてきていて、人の動きを感じます。
Go to Travelキャンペーンの効果でしょうか。
Go to キャンペーンには、Go to Eatキャンペーン、 Go to Evento キャンペーン、
Go to 商店街キャンペーンというのがあるのですね。
どれも事前応募された業者を利用して適応されるものなので、
事前に調べておかないと適応されず残念なことになりそうです。
詳しくは、経済産業省(https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001339698.pdf)または「旅行クーポンサイト by トラベラーズナビ」(https://travelersnavi.com/coupon/goto-guide )などでご確認ください。


nice!(0) 

Go To トラベルキャンペーン [市役所前近況]

7月22日から始まっている「Go To トラベルキャンペーン」ですが、一転二転したためとても複雑で分かりにくくなっていますね。
コロナ感染者がまた増えているため、あまり旅行に行こう!という気分でもありませんが、近くの人に来てもらおうというキャンペーンが実はすでに各都道府県で実施されています。
京都府は7月1日~7月31日まで5,000円以上の宿泊で2,500円分の宿泊割引や特典を付与する「京都のお宿で魅力再発見キャンペーン」を行っています。「Go To Travel キャンペーン」前に、京都近郊から訪れてもらい、京都のお宿の魅力を再発見してもらうと同時に、観光需要を喚起するのが狙いだそうです。  https://travelersnavi.com/coupon/kyoto19 
大阪も「大阪いらっしゃいキャンペーン 」を、兵庫県も「Welcome to Hyougo」
を行います。どれも関西2府4県(兵庫県のキャンペーンは岡山県、鳥取県、徳島県も)に在住の方が対象です。エリア外の方は利用できません。 
利用法が少し面倒ですが、ほかにも色々キャンペーンがあるようです。
お出かけされる方は一度調べてみるとお得になるかもしれません。


nice!(0) 

ゼスト御池内郵便局 [市役所前近況]

7月6日(月)に、京都ゼスト御池内郵便局がゼストに開局します!寺町二条郵便局が移転・改称するのです。
場所はふたば書房隣です!窓口は、6日のみ13時から7日以降は9時からだそうです。市役所の周囲には郵便局はいくつかありますが、駅直結のゼスト御池内は雨の日でも安心で、ぶれすにとっては嬉しいことです。
また、ゼスト内のお店では京都市新型コロナ安心追跡サービスにたくさんのお店が参加されています。
広場のベンチもソーシャルディスタンスを保つように貼り紙がされていて、withコロナもばっちりです。
ちなみに京都市新型コロナ安心追跡サービスは下図のような仕組みで入り口でQRコードを読み取り、もし感染者が出た場合はお知らせしてくれるシステムです。
大勢の人が集まるイベントなどではQRコードを見かけるようになりました。
市内の美術館や博物館はまだまだ予約者のみの入場ですが、早く自由に入場できるようになるといいですね。


nice!(0) 

祇園祭巡行中止 [市役所前近況]

新型コロナの影響で祇園祭の山鉾巡行は中止となりました。
現時点では、『曳き初め』は行わない、山鉾建ては6月上旬まで様子を見て決める、厄除けちまきについてはなんとか授与していきたい、また神幸祭と還幸祭の神輿渡御は八坂神社境内で神事を行う、とのことです。
できるだけのことをしようという市民や祇園祭山鉾連合会の思いが伝わってきます。
疫病をはらうお祭りなので本当に残念ですが、「お祭りはいつの時代も柔軟な考えで継承されてきた。ぜひ柔軟な考えで臨みたい」という八坂神社の森壽雄宮司の言葉通り、柔軟に対応してきたからこそ今まで残ったのでしょうね。
コロナの感染防止のため、この数ヶ月でいろいろな変化がありましたが、Twitterのアンケートでは次のようなものがコロナが収束しても続いて欲しい対策として挙げられました。
飲食店のテイクアウト・宅配便の非対面受け取り・パンや総菜の個包装販売・レジ会計時のトレイ上でのおつり受け渡し、電子決済 などです。 
今まで気にしていなかった習慣を見直し、真摯に対応したからですね。



nice!(0) 
前の10件 | - 市役所前近況 ブログトップ